伝統仏具のできるまで

伝統仏具のできるまで
仏具生型鋳造工程01

型枠に原型(げんがた)をセットします。

#
仏具生型鋳造工程02

型枠に砂を詰め、砂に原型を写し取ります。

#
仏具生型鋳造工程03

鋳型造形機により水分と適切な圧力で圧縮します。

#
仏具生型鋳造工程04

砂に原型が写し取られました。

#
仏具生型鋳造工程05

製品の肉厚を生み出す、中子(なかご)を作ります。

#
仏具生型鋳造工程06

セットする中子(なかご)は製品の肉厚分だけ外型より小さくなります。

#
仏具生型鋳造工程07

上下の砂型を合わせると鋳型が完成します。

#
仏具生型鋳造工程08

坩堝の中1150℃以上で銅合金を溶かします。

#
仏具生型鋳造工程09

溶解炉から銅合金を取鍋(とりべ)に小分けします。

#
仏具生型鋳造工程10

銅合金が鋳型へ注湯され、隙間に満たされていきます。

#
仏具生型鋳造工程11

注湯した銅合金が固まれば、型をバラシ製品を取り出します。

#
仏具生型鋳造工程12

最後に仕上げ研磨と色付けをして完成します。

【監修・協力・写真提供】 (株)本保

【日本の手仕事を守る】シリーズ

お位牌のできるまで 唐木仏壇のできるまで 伝統仏具のできるまで
ページ先頭へ戻る