お位牌のできるまで

お位牌のできるまで
お位牌工程01

1. 原木の仕入れ、乾燥

ヒノキ、ベニマツ、シナ等の高級材木を倉庫で約4〜5年間自然乾燥させます。

【製作開始から5年経過】

#
お位牌工程02

2. 木地成形、彫刻

熟練の木地師が、細部に至るまで精細に彫刻を施します。
その後、ヒビ、キズ、節などの検品作業を行います。

【製作開始から5年6ヶ月経過】

#
お位牌工程03

3. 胡粉下地塗り

加工した木地に熟練の塗師(ぬし)が胡粉(貝殻の粉末)をニカワで炊き込んだ液を下地として吹き付けます。
その後、充分に乾燥させます。

【製作開始から5年9ヶ月経過】

#
お位牌工程04

4. 下地研ぎ、中塗り

表面が滑らかになるように十分に研磨、しっかりと仕上げるため中塗りをします。

【製作開始から5年10ヶ月経過】

#
お位牌工程05

5. 乾燥

充分な日数をおいて乾燥させ、検品を行います。

【製作開始から6年4ヶ月経過】

#
お位牌工程06

6. 上塗り

段階的にペーパーで研いだ後、上塗りを施し、さらに表面を研いで仕上げていきます。

【製作開始から6年5ヶ月経過】

#
お位牌工程07

7. 金箔押し、金粉蒔き

箔押師が本漆による金箔押しおよび金粉蒔きを行い、二昼夜以上乾燥させます。

【製作開始から6年5ヶ月経過】

#
お位牌工程08

8. 蒔絵

創作位牌は、蒔絵師が台座に美しい蒔絵で加飾します。
漆で下絵を描き、金粉、銀粉、色粉を蒔きつけます。

【製作開始から6年5ヶ月経過】

#
お位牌工程09

9. 組立、完成

組立後、最終検品が行われ、美しく拭きあげられます。
約6年半もの間、手間ひまかけて丁寧に作られたお位牌は、専門店を通じて全国のお客様のお宅へ届けられます。

【製作開始から6年6ヶ月経過】

【監修・協力・写真提供】 (株)松谷佛具店

【日本の手仕事を守る】シリーズ

お位牌のできるまで 唐木仏壇のできるまで 伝統仏具のできるまで
ページ先頭へ戻る